« 2017年10月 | トップページ | 2018年3月 »

2017年11月に作成された記事

2017年11月23日 (木)

冬間近の畑とピンクシチュー

今日は時々雨の降る曇り空でしたが、雪にはなりませんでした。畑はもう少しで店じまいとなるため、収穫作業が主です。

今日は、白菜、ブロッコリー、レタス、かき菜、大根を収穫しました。
Blog_h29112301

畑の状況です。残っている野菜は随分と少なくなりました。キャベツは育ちが悪くて結球が弱いものは、春までこのままにしておきます。大根は全部収穫してしまう予定です。
Blog_h29112302

ルバーブは割と寒さに強いのですが、さすがにしんなりし始めました。冬になると枯れてしまいますが、来春は真っ先に芽を出してくれることでしょう。ちなみに、その奥は菜種です。手を掛けていませんが、勝手に出てきて、春には花を咲かせることでしょう。
Blog_h29112304

サラダビーツを収穫したことは前回書いていましたが、ビーツの料理となるとボルシチですね。でも、今回は前からやってみたかったピンクシチューを作ってみました。クリームシチューにビーツを入れて作ると、こんな感じのピンクシチューになります。味はシチューのままですが、見た目がピンク色です。ちなみに、葉っぱと茎もお浸しになります。しかも、赤色と緑色の映えたクリスマスカラーのお浸しになり、色も楽しめます。
Blog_h29112305

2017年11月12日 (日)

秋野菜の収穫

今日は冬間近の寒さで、最高気温が10度までしか上がりません。晴れ間は見えているものの、曇り空で冷たい風が吹いています。そろそろ初雪になりそうな寒さになってきました。畑も雪が少なければ12月上旬までは収穫だけは出来ますが、積もってしまうと終了でしょう。畑の休眠期間になってしまいます。

今日の収穫物です。ピーマン以外は秋野菜ばっかりです。今回は、唐辛子を茎ごと回収して、軒下で乾燥させます。サラダビーツはまずまずのものが採れました。カブの部分は5~6cmと表示されていたので、こんなものなのでしょう。
Blog_h29111201

キャベツや大根、ブロッコリーなどまだ収穫を続けられそうですが、周囲はすっかり茶色の世界となり、いつ白銀の世界になってもおかしくない季節になりました。まだ霜が降っていないので、ピーマンも細々と収穫を続けています。
Blog_h29111202

ブロッコリーはちょっと遅めに育ったものが良い大きさになりました。これで直径20cmほどです。
Blog_h29111203

早めに収穫したブロッコリーは側頭花蕾がまずまずですが育ちました。スティックブロッコリーとして収穫しています。寒さに当たっているためか、甘みがあって美味しいです。
Blog_h29111204

サラダビーツと赤大根です。ビーツはもともと寒い地方の野菜なので、この後、いつ頃まで収穫出来るのか、ゆっくりと収穫を続けていきます。
Blog_h29111205

収穫したサラダビーツです。葉っぱと茎で40cm程です。葉っぱと茎も茹でると美味しいお浸しになります。ゆで汁が真っ赤でちょっと驚きます。カブの部分はボルシチですね~。今晩、早速食べてみることにします。
Blog_h29111206

ニンニクの状況です。発芽は終わり、寒さで葉っぱがちょっと開いた感じになります。この程度の大きさで冬を越すことになります。来年の初夏には良いニンニクが採れることを期待しています。
Blog_h29111207

« 2017年10月 | トップページ | 2018年3月 »

フォト